鉄分を摂取することで貧血を改善することができる|摂取方法を知る

肥満予防に役立つ成分とは

サプリメント

良薬は口に苦し

煮豆を作る際、煮汁の表面にまるで石鹸の泡のような気泡が生じることがあります。あの泡のもととなる成分を、サポニンといいます。サポニンは、さまざまな植物の根や茎などに含まれる成分です。豆類の他にはゴボウなどにも多く含まれており、エグみのもととなります。また、キキョウや高麗人参などを原料とする生薬の苦みもサポニンによるものです。味覚上の不快さから、これまでサポニンはあまり顧みられることがありませんでした。しかし最近ではさまざまな健康効果が期待できるとして、注目を集めるようになっています。ただし調理済みの食材から得られる量はそれほど多くないため、摂取しやすく工夫されたサプリメントなどが人気を呼んでいます。

免疫力強化にも貢献

サポニンの効能として最も注目されるのが、脂肪の蓄積を防ぐ作用です。冒頭にサポニンは石鹸のように泡が立つと述べましたが、実はサポニンにも石鹸と同じような界面活性作用、つまり水と油の両方に溶ける性質があります。そのため脂肪の吸収を抑え、肥満を予防する効果が期待できます。また、サポニンには悪玉コレステロールや中性脂肪といった血中脂肪を減らす働きもあります。そのため、動脈硬化や高血圧症などの生活習慣病を予防するとともに、いわゆる「サラサラ血液」を作り出すのに役立ちます。さらに、サポニンには免疫力を強化する働きがあることも分かっています。免疫細胞の活動を盛んにし、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりにくい体質を作る効果が期待できます。